カテゴリ:カメラ、レンズ( 2 )

絵造りの比較検証

下の3枚はK-7、K10D、*Ist Dsのうちのいずれかの写真です。
どれがどれか分かるでしょうか?

興味のない方すみません・・・^^;


#1
d0160093_14521155.jpg


#2
d0160093_14325472.jpg


#3
d0160093_14522744.jpg

各カメラの設定は「ナチュラル」でWBは「太陽光」、午後2時の曇りの窓際の自然光でJPEGで撮影しています。
露出はマニュアルでF8.0、SS1/10(Dsは1/20)、ISO100(Dsは200)、三脚仕様です。

答えはこちら^^
[PR]
by howlindog | 2010-05-30 17:26 | カメラ、レンズ

NEW WEAPON

d0160093_13272689.jpg

カメラじゃないですよ、レンズのほう。
即戦力の期待の大ベテラン!
カメラのキタムラ中古オンラインショップで見つけてしまいました。
気が付いたら取り置きボタンをクリックしていました・・・^^;


d0160093_1328156.jpg


smc PENTAX FA*28-70mm 1:2.8 AL。
フィルムカメラ用に開発されたPENTAXの高性能標準ズームレンズです。
K-7に付けるとやや望遠よりになりますが、僕は結構寄って切り取る写真が好きなのでスナップ写真なんかだと逆にDA16-50mmよりも使いやすい画角です。

このレンズには高画質のほかもうひとつ特徴があります。
それがパワーズームという機能。これはズーミングするとき普通は手動でしますが、
このレンズはそれをレンズ内モーターでやってしまうというもの。
ズームリングを少し回してやると後はレンズがウィ~ンとズームしてくれます。
はっきりいって要らないといえば要らないおまけのような機能なんですが、やってみると以外にも便利でなれるといいもんです。
バッテリーの持ちにもそう影響は無いみたいですし。
じつはこのパワーズーム、このほかにインテリジェントズームなるものもあり、どういうものかといいますとカメラとレンズを連動させてあらかじめ画角と絞りを登録させておけばボタンひとつでいつでもその登録したセッティングにもどる事ができるという機能らしいです。
このインテリジェントズームを含むパワーズームというのは随分前に絶滅した機能で、ようは世間に認められなかったために短命に終わった悲しい歴史を持っているのですが、2006年に発売されたPENTAX K10Dに上記のパワーズームの機能のみですが利用できるという形で復活した経緯があります。
これは超音波モーター用に設けられた電源供給用接点をパワーズームレンズにも流用する事で利用可能になったもので、その後のモデルではK20DとK-7が対応しています。


さて、レンズの説明はさておき実写といきたいところですが、まだ家にあるカメラに取り付けてはニヤニヤしながら眺めている段階です^^

近じかレビューを書きたいと思いますが、第一印象はしっとり柔らかいが芯はある、といったところでしょうか。
さっそく今度の休みにでも実戦投入しようかな^^

ポストDA*16-50mmなるか・・・?^^
[PR]
by howlindog | 2010-05-23 16:08 | カメラ、レンズ